パチスロ 乙女魂

パチスロ 乙女魂

「ただいま、母さん」ここまでお付き合い頂き、誠に有り難うございます

ここで帰郷を拾えて良かった気がします

ただ帰っただけだとタガネと街の大人の反目だけになるので、別のキャラを拵えました

至天殿は、帝都ザイアスの中心に聳える巨大な宮城だ

 さながら天地を貫く柱のようだ

というのも、帝都は、上層と下層、ふたつの区画に分かれた都市であり、至天殿は、下層から上層を貫くようにして聳え立っているからだ

あなたも好きかも:スロット 無双オロチ 機械割
下層は全部で八つの区画からなり、上層は三つの区画からなる

至天殿を上層に加えた場合は四つだが、至天殿が下層から上層をも貫いていることを考えると、上層に加えるのは間違いだろう

あなたも好きかも:吉宗 パチンコ 219
皇族の住まう至天殿は、上層でも下層でもない特別な区域なのだ

 上層と下層の二層に分かれた都市構造は、とても人間業とは想えない作りであり、セツナは、帝国を作った女神ナリアの関与を疑っている

 女神ナリアは、聖皇ミエンディアが召喚した神々、いわゆる皇神の中でも特に強大な力を持った二柱の神、大神の一柱だ

あなたも好きかも:相模原 市 パチンコ
女神ナリアと男神エベルの二大神に対抗するべく、ほかの神々が合力して至高神ヴァシュタラとなったというのだから、神々との力の差もある程度は想像ができるというものだろう

いうまでもなく、セツナがこれまで戦ったことのあるどの神々よりも強力無比に違いない

 セツナが交戦した神といえば、アシュトラ、マウアウ、ラジャム、名も知らぬ女神、マユラ、モナナだが、マユラを除く神々は、いずれも至高神ヴァシュタラの一部に過ぎなかった

ヴァシュタラより分かたれた際、どのように力の再分配が行われたのかは不明だが、いずれにせよ、二大神とは比べるべくもない力の持ち主だということは想像に難くない

つまり、ナリアは、現状のセツナでは太刀打ちさえできないかもしれないということだ

 そういう意味では、ナリアの影も形も見えない現状には、安堵しかなかった

 少なくとも、東帝国を影から操っているわけではないのだ

 以前にも考えていたことだが、もし、女神ナリアが東帝国を影から支配していたとすれば、西帝国は拮抗することすらできないままに滅ぼされ、南大陸には統一帝国が作られていたことだろう