パチンコ リング 手

パチンコ リング 手

あなたも好きかも:パチンコ 軍艦マーチ 禁止
アルテアのようにその辺りをつついても支障ない魔物もいるが、ウィリアムはどういう反応をするのかわかり難い魔物であったので、ネアはその陰りには触れないようにして他の国の話をせがんでみた

(それともこの言葉は、私に対する牽制でもあるのだろうか?)小さな懸念は会話のやり取りの中で流されてゆき、また少し二人の間の空気は穏やかになる

少しだけウィリアムがかつて訪れた国の話で盛り上がっている内に、また窓の外の悪夢が様子を変えていたようだ

ざあっと降り出した雨に、ネアはちらりと視線を向けて眉を顰める

あなたも好きかも:スロット 海物語 魚群
「悪夢の気配がするのか?」穏やかに尋ねる声に、ネアは視線を戻して深く息を吐く

「かもしれません

こんな雨がざっと降る日に、両親が亡くなったという連絡を受けたのです

なので今でも、似たような降り方をすると身構えてしまうことがあるんです」「そういうものが、まさしく悪夢の断片になるんだ」「私もそう思ってました

あなたも好きかも:岡垣 パチンコ
………だから、実際に悪夢の中に入った時、ジークには会いましたが、思っていたより良心的で驚いてしまいました」「停滞期だからかも知れないが、俺も少し不思議だったんだ

停滞期の悪夢のとは言え、ネアはさして影響されてなかっただろう?もう少し執着があるかと思っていた」また窓の外で雨足が強まる

屋根や窓を叩く雨の音に、ずしりと聞こえた足音めいた地響き

どうやら、巨人が現れる悪夢が展開されているようだと、ウィリアムに教えて貰った

「…………あれは果たして、私の悪夢だったのでしょうか?」「………ん?」こてんと首を傾げ、ネアは顎先に手を当てる

「不思議だったのです

アルテアさんが、ジークのことを、ウィリアムさんに似てると話していたでしょう?私はそんな風に思ったこともないですし、妙だなと思っているのですが……」ネアの知っているジークはそんな容貌ではないので、なぜそんなことを言うのだろうと不思議でならない

「うーん、確証はないが、悪夢はより精神が強い者に影響され易い

だからこそ悪夢からの身の守り方として、高位の人外者と一緒にいる方がいいと言うんだからな」「でも、確かに私の知っているものばかりでもあったんです」とは言えそれは、悪夢に満たない感傷のようなものだった

胸は痛むが、ネアに傷を負わせるようなものではない