スロット ザップ 新潟

スロット ザップ 新潟

あなたも好きかも:お正月 パチンコ
アルデハイトも身体大事にしろよ」 「ふふ

ありがたきお言葉」アルデハイトは微笑んで扉を閉めた

シャワールームがあったのでありがたく使わせてもらって身体を素早く洗い、用意されていた着心地のよい寝巻きに着替える

そのままフラフラと寝室へと入っていき、布団に入ると あっさり眠ってしまった

あなたも好きかも:v プリカ ケータイ 払い
……「もう少しだよ

あと少し」 「ほんの少しだよ……」 「僕や私たちを知って、名前をつけて……」また下手なポエムマンが何か言ってるわと思いながら俺は真っ白な夢の世界を身体を失くして漂っていく

……肩を叩かれる感覚で飛び起きる

「うおっ!!びっくりした」テラス席にすでに俺は座らされていたらしい

慌てて自分の身体を見回すが服装は真っ赤な下地に銀色の派手な刺繍がされた貴族服だ

となりでは金色のドレスを着たタガグロがクスクスと笑っている

あなたも好きかも:スロット 消されたルパン
「アルちゃんが近くで声かけても、たっくん起きんでな

 仕方ないからうちと、ちょうどこっち来たマイちゃんで たっくん着替えさせて、ここまで連れてきたんよ」 後ろからいきなりレディスーツ姿のマイカが「……レッドミラブから……あっちのマイカが……帰ってきた……

 だから……もう……表歩ける……」と俺の身体の各所から伸びているピアノ線のようなものを小さなハサミでパチパチ切って、巻き取りつつ言う

タガグロが周囲に誰も居ないのを確認して「後ろについたマイちゃんが、たっくんを操り人形みたいに歩かせててな

 大ホールへの入場の時とか、そりゃ見事やったんよ」 「……タカユキ様……意識……操れない……だから……物理的に……動かして……みた……」 「そ、そうか

そりゃ何か苦労かけたな……」 「……ふふ……楽しかった……気にするな……」 俺はとりあえず深呼吸して、気持ちを落ち着けてから このテラス席の眼下の大ホールですでに始まっている結婚式を眺める