パチスロ ぜん

パチスロ ぜん

現代では、レヴァン教団の努力によって、存在を知る者すら極少数となっています」 レヴァン教のみなさんは、この本の注意喚起を真摯に受け止め、少しでも『呪術』を世界から減らそうとしてくれたらしい

 その努力に感謝しながら、僕は話を聞き続ける

「我々レヴァン教団は、ここに書かれている真の『呪い』を隠すために、御伽噺や神話に出てくるような広義の『呪い』を広めました

たとえ、何かの切っ掛けで一般市民が『呪術』発動に至っても、それは前時代的で割に合わない邪法と判断して貰うためです」 以前、国の図書館で『呪い』について調べたとき、御伽噺のような適当な説明しかなかったのは、これが原因だったようだ

あなたも好きかも:パチンコ 火曜サスペンス 天井
 レヴァン教は『呪い』という言葉の意味を別ものに変えることで、その危険な存在を覆い隠し、薄めて、消そうとした

あなたも好きかも:昔 の パチンコ 台 中古
その努力は千年かけて実を結び、確かに人々は『呪術』や『代償』に対する認識は、どこかずれてしまっていた

あなたも好きかも:パチンコ 地獄少女 宵伽 キクリの地獄祭り
 だから、『木の理を盗むもの』アイドが広めるまで、人々は『詠唱』という技術を手に入れられなかったのだろう

「そうですか……」 僕はレヴァン教の存在理由の一端を知り、この部屋から出て行こうとする

「カナミ様、もうよろしいのですか?」「はい

ここにあるのは全て、僕の書いた本みたいですから……

特に目新しいものはなさそうです」「ならば、先に進みましょうか

始祖様の望む……この大聖堂の最奥へ」 神官さんは僕の隣に立ち、部屋の外まで促してくれる

 そして、地下階段まで戻り、また下に向かって降りていく

 少しだけ距離の縮まった彼と話をしながら、下へ下へと――「正直、僕にとって『呪術』は、よくわかっている技術です

いま僕が見たいのは、もっと別の――僕の知らないものです」「知らないものが見たい……? 千年前の始祖様でも、わからないものがあるのですか?」「わからないことだらけですよ

特に『神聖魔法』が、僕にはわからない」「……それは、少し驚きです

あなた様こそ、誰よりも詳しいものかと……」「千年前、僕は『呪術』の専門家でしたから……

『神聖魔法』の専門家だったのは、もう一人の『始祖』であるティアラで――」 『神聖魔法』の真意を知るのは、あいつしかいない