バカラ ベガ

バカラ ベガ

……もしかしたら、もっと違うところで何かがあるのかも」「違うところ、ねぇ……」 立花は少し考え込んで、反町に目を戻した

「一応、翔太先輩絡みで美代子に過去の校内新聞を調べてもらっている

それで何かがわかるかも知れない」「いつわかりそう?」「今日、放課後にもう一度新聞部に行ってみるつもりだ

あなたも好きかも:パチンコ ブランクゲージ
……何かがわかるといいんだけどな」「……ああ、そうだな……」 一平は深刻そうな二人を交互に見て、浮かない表情で自分の鼻先を指差した

「んなぁ、オレ、どないしたらエエンや? ……優樹には、とにかく知らん顔しといたらエエンか?」「……うん

あなたも好きかも:スロット カラオケランキング
……優樹の方は、オレが何とかする」「そらぁ……任せるけど

……気ぃ付けろよ? 変なことにならんよーにな」「わかってるよ」 返事をしながら、反町は苦笑した

「一平に言われると、ホントに翔太先輩に言われてる気がする」「……

オレ、整形したろかな」 ガックリと一平は頭を落とした

 その頃――「あの三人、遅いねぇ」 いつもの体育館裏手の芝生にて、食事を終えたみんなが輪になって談笑している

「便所でも行ってンじゃないのー?」 訝しげに振り返る華音に洋一はそう答えながら大きく背伸びをしてゴロンと横になった

と、その視線に素足が飛び込んで来て「……お!?」と目線を上に向ける

「こんにちはー」 手を振り笑顔でやってきた美代子に、洋一は「なーんだ」と、残念そうな息を吐いた