pachinko novel pdf

pachinko novel pdf

 シターの盾魔術も、勿論魔力を消費する

それに加え、数百以上という数によってシターの疲労は計り知れない

「あらら……頑張るねぇ……貴女一人なら簡単に防げたのに……仲間を助けようとするから苦労するんだよ? 前から親交が深そうなレイちゃんはまだしも、昨日今日出会ったばかりの幻獣さん達にまで気を使うなんて……おかしいんじゃない?」 そんな熱く苦しい炎の中、何故か無傷で全くダメージの無いマギアがレイたちを見、呆れながら呟くように言い放った

あなたも好きかも:パチンコ セブンインパクト
 マギアはそこまでして身体を張るシターが信じられないらしく、訝しげな表情でシターを見る

「ふふ……同盟を組んだからね……同盟を組んだ以上、仲間も同義……! 傷付ける訳には行かないわ!」 そう言い、更に盾魔術を強化するシター

 ドラゴンとワイバーンによって生まれた炎は鎮火して行き、心無しか外から来る槍も収まった気がする

あなたも好きかも:カジノ プロジェクト 引き継ぎ
 恐らく外での騒動はドラゴンとワイバーンによって抑えられつつあるのだろう

「……もう、ハリーフったら使えないわねぇ……早くも抑えられ掛けているじゃない!」 大樹の外を見やり、ため息を吐くように話すマギア

 そして再びレイ、シター、ジルニトラと部下兵士たちを見、言葉を続ける

あなたも好きかも:フェリー カジノ
「仕方無いわね……私が手助けしよっかなぁ……」 刹那、マギアの周りに魔力が集まり、凄まじい量の魔力が形を形成して行く

 その魔力は何《いず》れ人形《ひとがた》になり、ガクガクと動き出す

 しかしその見た目は細く、肉が付いていないように見えた

炎の中からそれは現れ、レイ、シター、ジルニトラの元へ一気に近付く