パチンコ 営業 グラビア

パチンコ 営業 グラビア

トール・オールだけがこの状況をうまく理解できないでいた

「お、おい待てよ、待ってくれよ!何勝手に話進めてるんすか!一年生の話にあんたらが口出すような話じゃ」「少し黙ってろ」康太の言葉にトール・オールはそれ以上声を出すことができなくなっていた

康太がわずかに出した威圧感とその殺気に怖気づいてしまったのだ

先ほどの戦闘のすべてを思い出したわけではないが、その体に、脳裏にその恐怖が刻み込まれているのである

「この学校内で派閥を作るってことは仲間を作るってことだ

いざって時に協力できる味方を作るってことだ

お前のそのやり方は仲間でも味方でもない

あなたも好きかも:ガリバー スロット
それじゃ派閥とは言えない」いうことを聞かせているという点では仲間というよりも部下のそれに近いかもしれない

少なくとも女子に対して力任せに言うことを聞かせるようなことをするのは康太からすればあまりよい行いとは言えなかった

「あんたは・・・どうなんだよ・・・あんたと一緒にいるそいつ・・・あんたもそいつに言うこと聞かせてるんじゃないのかよ・・・!」文のことを言っているのだと理解すると、康太はもう笑いを止められなかった

文がまさか自分より圧倒的に弱い存在だとみられているとは思わなかったのである

あなたも好きかも:政宗2 スロット 歌
魔力量だけで実力が決まるわけではないとはいえ、ここまで康太や文が弱いと勘違いされたことは少ない

ここまで油断され、甘く見られたことがない文も少しだけ笑ってしまっていた

「こいつはこれでも俺以上にやばい魔術師だぞ?ぶっちゃけ俺も、こいつに確実に勝つ自信はない」つい先日康太と文は戦った

康太はかろうじて勝利を手にしたが次どうなるかはわからない