マクロス スロット 3 終了画面

マクロス スロット 3 終了画面

白色のドレス調の衣服を着た当主、鈴ノ宮清音と隣に控えるのは執事の哉(かな)瀬(せ)五六だ

鷺花にとってはどちらも、おじさんやおばさんに近い人物となる

「久しぶりね」「鈴ノ宮清音、か……?」「ええそうよ」 軽く頭を下げた五六だけが、迂回する形で鷺花の傍にくる

二人とも傘は持っていない

「何年ぶりになる」「十一年よ

あなたも好きかも:魔界の花 牙狼 パチンコ
まだかしら、それとも、もう?」「それを私に決めろと言うのか鈴ノ宮清音」「いいえ

あなたも好きかも:パチンコ やる意味
けれど、決めるのも許すのもあなた次第よ神鳳雪人」「――私は」「今でも」 神鳳雪人よと、清音は言う

その際に小さく笑った五六は、少し離れて鷺花を呼び、マーリィに集まった男たちを散らすように指示をした

「連理様は申し訳ありませんが、しばしおつきあいを」「んー

……分割ねえ、んあー」「聞こえてるのかしらね、あれは

五六さん、あの人は……」「鷺花様に責任はございません

ご助力に関しては感謝しております」 まずはこれが優先だ、とばかりに五六もまた鷺花に対して――大人が子供に――頭をしっかりと下げた

「まだ詳しくは言えませんが、雪人さんは私どもの古い知り合いです」「ん……答えられないならそれでいいけど、父さんと同じ世代よね」「ええ、そうです」 だが見た目の年齢がまだ随分と若い

十一年――その間だけ、年齢を経ていなかったような

「気になりますか?」「諸事情は後で調べるからいい

でも……」 気になるのは、彼が抱いている何かで――後悔なのか、罪なのか、そうしたもので成り立っている彼自身の生きざまだ

まるで今までは生きていなかったような言葉も気になる

「でも、時間切れ――ね