パチスロ シュタインズゲート ゾーン

パチスロ シュタインズゲート ゾーン

あなたも好きかも:百 烈 パチンコ
『でもまあ、このまま時を流しても総てを喪うよりはマシだな』親指に着いた最後のライスの粒をペロリと舐めて、絵本に手を伸ばそうとすると、側に寄ってきていた闇の精霊が盛大に"怒った"

ただでさえ、ロックとの関係を無理矢理遮断した賢者に怒っているのに、自分達の"王"の1人に、唾液の着いた指で触れようとする不敬に怒る

果敢にも賢者の足元に及ぼうとした闇の精霊を―――賢者は今は台車の上にあったランプを手にとって、灯火を近づけ、遠ざけた

今まで、靴底で踏み躙るようにしてきた扱いとは程遠い"優しい"振舞いだった

感情の在り方は"人"とは違うが、"記録"はしっかりとある闇の精霊達にも、急激な賢者の対応の違いに躊躇いを与えるものだった

『ああ、悪かった

お前たちにとって大事な主で、"旦那様"だもんな』―――旦那様―――領主様敬い、大切にしたい気持ちはどちらかといえば、賢者には判らない

けれど大切な人を語る時の人の気持ちを、蔑ろにしてもいけないのは判っている

あなたも好きかも:パチンコ 1k 30回転
『先ずは"保険"をかけてからだな』台車の上にある手を灌ぐ為の水を張ったボウルに、側にあった"調味料"の塩の瓶を持って振り入れる

シャッと小さい音をたてて、塩の粒は水の中へと溶けた

あなたも好きかも:バカラ 販売店
『風呂にも入っているし、簡易の"浄め"だけれど、これで良いだろ』その中で、利き手の右手を手首まで浸して"禊"いだ

『それでは、ちょっと、待ってて貰おうか……"王様"』そう言って、絵本を台車の空いたスペースに置く

(カリンが起きませんように)そう頭に思い浮かべながら、パンっ!と空気を震わせる"柏手"を鳴らして、場を浄める

感覚で場が浄められたと感じたならば、ピーンはいつも妻と執事をからかう言葉を紡ぎ出す口にある頑丈な歯で、人差し指の先を噛み切った

『我が血を持って、ロブロウの地を護る契約を――――」噛みきられた人差し指から紅い血の雫が滴り落ちて、球体となって領主の寝室の床に落ちるように見えた瞬間――小さな紅い球体は宙に伸びる

伸びた血の雫は、まるで紅いインクのように宙に様々な文言を刻んでいく

『―――これだけは、何を敵にしてでも、護りたい記憶だからな』伸びた紅い文言はやがて、宙に様々な"記録"を刻みながら、やがて床に伸びて緩やかなカーブを描く

その緩やかな曲線のカーブが床に描いたのは、異国の陰陽(インヤン)の魔方陣だった

『うちの"国"では御初のまだ記されてない"血の契約"の術