ライブ イン スロット

ライブ イン スロット

アーサーの事や新しい復興事業のことなどもあり、彼らしくなく焦っていたのかもしれない

魔術師会の中でもらしくなく、手に負えない階位の者に手を出したのではと言われており、先日、空っぽの棺でささやかな葬儀が行われた

「……………馬鹿なアーサー、馬鹿なセスティア様…………」そう呟くアビゲイルの声は、誰にも届かずにふわりと消える

手の甲にぽとりと落ちた涙は、慌ててハンカチで拭った

あなたも好きかも:パチスロ 朝一 2017
アビゲイルは、セスティアが好きだった

勿論、彼が自分など見ておらず、もしかしたら性別の垣根を超えて弟を想っているのではないかと思ってしまうくらいにアーサーに夢中なのには気付いていたが、それでもずっと、アビゲイルは一つ歳下の弟の幼馴染のことが好きだったのだ

弟のことはよく叱りつけて震え上がらせていたものの、そんなアーサーのことも大好きだった

あなたも好きかも:スロット ハイエナ 最新
居眠りしてアビゲイルの貸した本を紅茶でびしゃびしゃにしたり、ボタンに引っかかったアビゲイルの長い髪の毛を、助けるつもりで鋏でちょきんと切ってしまったので半殺しにしたりもしたが、よく自分の部屋で育てた可愛い花を贈ってくれた

三人が揃うと、いつも笑ってばかりいた

あなたも好きかも:スロット 北斗の拳 修羅の国 評価
好きだと思える人と笑えるだけで、世界はとても単純で明るかった

(ああ、…………アーサーと、セスティア様がもういない…………)父親と母親には、独身時代からつるんでいた悪友とも言える王がいるが、ルランには婚約者がいるが、アビゲイルの世界はずっと、アーサーとセスティアで閉じていたのだ

アーサーの世話をするのがアビゲイルの毎日で、時折この屋敷にやって来ては過労で倒れてしまったりするセスティアの看病をしたり、仕事でこちらに来れないセスティアにアーサーのことを手紙で教えてやったりしていた

その二人がどこかに行ってしまうだなんて考えたこともなく、ずっとそのままでいいと思っていた