真はなのけいじ2 パチンコ 319

真はなのけいじ2 パチンコ 319

「冗談だ」「そう

とにかく、そういうふざけた事は止めてよね」「普段から、肉は食ってるだろ」 ケイみたいな事を言うな

  最近知恵が付いてきたというか、やけに反抗的な気がする

 それはそれで、いいんだけどね

「理屈じゃないの

あなたも好きかも:パチンコ ありえない 確率
大体、捌けないでしょ」「ああ」 あっさりと認めた

 気弱な、頼りない表情で

 何よ、可愛いじゃない

「みんなには内緒よ」 棚を開け、奥に閉まっていたスモークハムを彼に渡す

 ショウは何とも嬉しそうに笑い、それを振りながらどこかへ行った

あなたも好きかも:パチスロ ライフ しんのすけ
 子供だね、いつまで経っても

「私にはないんですか」 とことこっと、前に回り込んでくるエリちゃん

 私は最後のグラスを綺麗に拭いて、はっきりと首を振った

「今日のお昼は、菜飯に大根のおみそ汁」「ショウさんが持ってたのは?」「山で、捕ってきたんじゃないの」 適当に答え、エプロンを外してキッチンを出る

 エリちゃんも、すぐに付いてくる

「優さん」「暑いから、いや」 妙にまとわりついてくるエリちゃん

  何せ私より大きくなったから、結構圧迫感がある

 というか、私が遊ばれてる感じにも思えてくる