パチンコ 実戦 マンション久保田

パチンコ 実戦 マンション久保田

風音さんたちと別れた後に、まずは領主の館から浄化をしていったのですが、気が付いたらスキルに『メメントモリ』というものが追加されましてね」 そう言ってウィンドウを開いて風音に見せる

「ああ、本当だ

鎮魂効果の範囲・効力の強化って書いてあるね

あなたも好きかも:ジーワンダービークラブ スロット
その横に『浄眼』ってスキルもあるけど」「魔眼の一種ですね

あなたも好きかも:黄門ちゃま パチンコ 甘 止め打ち
僕に眼はないんですけど

死霊や怨念などを含めた魔力の流れを読みとれるので、効率的な浄化が可能になったんですよ」 どうやらスキル『死霊の繰り手』は鎮魂的な方向への成長がなされているらしい

(餅は餅屋っていうことかなあ) 死霊王とは、つまりは死者の気持ちを知り、死者を鎮めることも出来るのだと、まあそんな感じかなあ……と風音が考えているとヨハンがため息を付いていた

「あれ、なんか憂鬱そう?」 それは風音たちが来てから時折見る姿だった

特にランクSとしてハイヴァーン行きが決まってからは目立つようになっていた

まあ、そうですね」 ヨハン自嘲気味に笑う

「いざ外に出ると思うと、この身体のことがやっぱり気になってきまして」 その身はすでに白骨である

あなたも好きかも:エムズファクトリー スロット
確かに人前に出るのは勇気のいることだろう

本人も自分はそこまで気にしてはいないとは思っていたのかもしれないが、しかし街を離れることに現実として直面することで憂鬱な気分になっているようだった

「とりあえずここに籠もってれば問題はなかったんですがね

けど僕もこれからは現実と向き合わないといけないんでしょうね」 そうヨハンは言う

 風音としては、それにはどう答えるべきなのか分からない

ヨハンの肉体は骨を残してもうない

すでに腐り果て、とうに別の何かに変わっている

そして身体を戻すすべを風音は知らない