リール・キング・メガ

リール・キング・メガ

陥落の報せよりも、クルードの表情のほうが、よほど驚きをもたらしてくれる

もちろん、彼のもたらした情報も余程衝撃的なのだが、彼の真面目くさった顔が、ミリュウには面白すぎたのだ

 ザルワーン西部の都市ルベン

バハンダールからは目と鼻の先といってもいい

あなたも好きかも:blood+ スロット 女王血戦
それは逆もまた同じことであり、ルベンから少し南に進めば、バハンダールの湿原が見えてくるはずだ

あなたも好きかも:スロット 据え置き メリット
その湿原の先に、難攻不落として名高かったバハンダールがある

 ミリュウの記憶では、メレド侵攻への最大の障壁であり、ザルワーンの部隊が何度も攻め寄せてはそのたびに大敗を喫したという話だが、いつの間にかザルワーンの手に落ちていたらしい

十年の時差とは凄まじいもので、ミリュウたちは、戦争に乗り込む前に、現状を知ることから始めなければならなかった

「もうボロボロね」 ミリュウが屈託なく告げると、クルードは肩を竦めた

室内には、彼女と彼以外に、ザイン=ヴリディアが寝ているだけだ

ザインは、どこかから連れてきた三匹の子猫と戯れるうちに眠ってしまっていた

ボサボサに伸びきった髪を手入れしようともせず、その姿は野生児そのものだ

あなたも好きかも:フルーツメール スロット 当たらない
クルードやメリルのいうことは聞いてくれるので、特に問題はない