8 月 8 日 スロット イベント

8 月 8 日 スロット イベント

あなたも好きかも:スロット 代打ち 相場
 隙間を埋めていくように、休む隙を与えない

 だが、(くそっ! 全然消耗してる気配がない!) バザガジールは依然として、笑みを浮かべるほどの余裕を見せて対処し続ける

 さながら戦闘を楽しんでいるようだ

あなたも好きかも:パチンコ リング 呪いの7日間2 ゆうタイム
「お辛そうですねぇ

あなたも好きかも:リゼロ スロット ポイント多い
余裕のない方は大変だ」「黙れ!」 だが事実、こちらの消耗との利があっていない

 こちらは出し惜しみない物量と質量での攻め手

決して雑に力を奮っているわけではなく、今までで一番しっかりとした攻撃ができているように感じる

 しかしバザガジールは実戦経験の差とばかりに、温存した戦いを見せる

 元々手加減して戦っている時点で、余力はいくらでもあるバザガジール

 元々のキャパシティと実力の差を見せつける

 少しでも希望の兆しが見たいギルヴァは、手堅く手広い攻めを繰り返すが、「おや?」 全ての分身体と本体にあった次元のブレによる防御

 それによって攻撃の回避も行なっていたのだが一体、不自然にも次元のブレが消えた

「しまっ――」 バザガジールはそのブレの消えた本体と思われるギルヴァの懐に、拳を打ち込む姿勢で現れた

「隙あり」「――があっ、はあっ!!」 バザガジールの右ストレートがしっかりと打ち込まれ、ギルヴァは激しく飛ばされ、地面に勢いよく転がされていく

「――ギルっ!!!!」 分身体も次元の剣も全て同時に消えた