二つ名武器 スロット

二つ名武器 スロット

灰色、これは凄く面白いな——っ!」 ミラの身体は段々と硬直時間を短くして行く

切り替わるタイミングが合い始めているんだ

そもそもひとつ——同じ人間の精神だ、なんだかんだで息ぴったりなんだろう

動き、止まり、動き、止まり、動き、そして止まりかけてまた動く

パシ——と、何かが触れ合う音がして、そして部屋の真ん中に一枚の羽根が舞い上がった

ミラとレヴの攻撃が遂に魔女の身体を——翼を捉えた

あなたも好きかも:モンハン スロット 曲変化
掠めただけだとしても、やっと手が届いたんだ

「————そこで見てなさい、バカアギト(マスター)——っ! 私達が勝って帰る瞬間を————っ!」「——楽しいなぁ——楽しいぞ、灰色——

あなたも好きかも:パチンコ 飯塚市
やっぱり、お前は最高の玩具だ————」 翡翠色の瞳に銀が映る

赤紫色の瞳に雷光が映る

不可侵だと思ってた領域に、ミラは土足で踏み込んでその頂を睨み付けていた

あなたも好きかも:スロット 何が面白い
絶望しか無いと思った

現れたのは最悪の敵——いいや、敵なんてものですら無い

向こうはこちらを害するつもりがある、こちらはそれから逃げるしかない

そういう関係、そういう脅威が現れた、と

けれど——そんな規格外の危険を前に、小さな勇者はもうひとりの協力を得て立ち上がる

ミラとレヴ——今の主人格と昔の主人格