マドマギ スロット

マドマギ スロット

あなたも好きかも:パチンコ 北朝鮮 国会
女王様が、ですか」「はい」 女王も身内にはやはり甘いのだなと内心で嘲りつつ、侯爵はそれを表に出すことはしない

 今の状況は、自分にとっては良い状態だと考えるだけだ

 目の前の子供を手玉に取って、自分にとっての良い答えを引き出すのが目的なのだ

「それでは、学園長であるトワ王太子は、先日の話をお聞きになっておりますかな?」「先日のといいますと、貴方のご子息が起こした騒ぎでしょうか?」「騒ぎとは異なことを仰る

我が息子が言うには、教師にふさわしくない者に相応の教育をしたという話でしたが?」「教師にふさわしくない、とは?」 首を傾げるトワに、侯爵も身を乗り出して話始めた

 ちなみに、侯爵が息子から話を聞いたのは、奴隷という立場であるはずの教師が学園で教鞭をとっているいるというものだった

 それに対して自分が立場を弁えるようにいうと、学園側から止められたという事だけだ

 その際に仲裁に入ったのが、トワだったという事までは聞いていない

 あるいは、その情報の不足がこの後の二人の話に影響を与えたといえるだろう

 この時点で侯爵は、何も知らない子供を言いくるめるつもりで話をしていたのである

あなたも好きかも:犬夜叉 パチスロ 解析
「何でもこの学園では奴隷身分の者が教師をしているとか

そのような立場の者が、この学園に通う者達に物を教えるというのは、ふさわしくないと思わざるを得ません」「ふさわしくないのですか?」 トワは、わざとらしく驚いた表情を侯爵に向けた