ワン・ポーカー

ワン・ポーカー

「……ま、まさか……おば様から、何か……」《……遠回しにだけど》「……何言われたの? ……ひどいこと? ……おじ様にも何か言われた?」 段々とあの時の怒りが甦ってきて、表情が険しくなる

 あの継母のことだ

またすべてを白川のせいにし兼ねない

そうなったら、また多美ちゃんと剛君に、そう考えていると、《……逆》と、冷静な返事が聞こえ、優樹は「……へ?」と目を見開いてキョトンとした

あなたも好きかも:パチンコ 充電
《……父さんに謝られた》「……、え?」《母さんからずっと連絡がなくてさ、それで父さんが連絡して

その時に……いろいろ話したみたいで

……そのあとで父さんが、何も気付かなくて悪かったって、謝ってきたんだ

……すごく悪そうにしてた

……母さんと別れた方がいいなら別れるって》 深刻そうな声に、優樹は困惑して目を泳がせた

あなたも好きかも:スロット アポロ
 これは、家庭崩壊の危機か――? それも望んではいたが、ただ、白川を悲しませるようなことは誰も望んではいない

あなたも好きかも:パチンコ金馬車 大洗
 焦って謝ろうとしたが、《けど……》と言葉が続いて口を閉じた

《オレにはそれは決められないから

それに……みんなが何したかよくわからないけど、何かしてくれたんだって、それが嬉しくってさ

……なんか、今までのことも全部忘れちゃうくらい》 どこか嬉しそうな声色に、優樹は間を置いてぎこちなく笑った