エクセル 抽選 ルーレット

エクセル 抽選 ルーレット

細胞が再生するのを諦めるまで焼き続けるのも良いが、一人一人にそのような事をしていたのでは埒が明かない

時間が掛かり過ぎてしまうのである

纏めて焼き払うには、この街を火の海に変えなくてはならなくなる

あなたも好きかも:新基準 スロット 無理
「しょうがない……どうせ敵も本気では無い筈だ……悔しいが、私よりもライの方に注目しているだろうからな……今回は街の安全を第一に考えて行動を起こすとしよう

一先ず住民の避難優先だ……」『『……!?』』 そしてフォンセは一つの結論を出し、今は敵を殲滅《せんめつ》させる事よりも街を護る事が優先と考えた

あなたも好きかも:韓国 人 パチンコ
 フォンセの推測はこうだ

あなたも好きかも:田辺 パチンコ 大阪
恐らく敵は今回、本気で攻めている訳では無い

 この街の幻獣たちを選別し、幹部の実力を確かめようとしている

そう推測した

「敵が本気じゃないのなら、私も本気を出す訳には行かない……それを情報として取られると些《いささ》か厄介だからな……何処からこの軍隊の隊長が見ているか知らないが、本気を出さずとも住民を助けられるならそれに越した事は無い筈だ……」『『『…………』』』 フォンセが本気を出さない理由、それは本人の言うように迂闊に本気を出せば敵へ情報が漏れてしまうからである

 フォンセ自身、特に情報というものは持っていないがフォンセの使う魔術

それが問題だった

 フォンセは、まだヴァイス達の前で本気を使った事が無い

いや、使わない物と使えない物があるのだ

 フォンセの本気は"禁断の魔術"と"魔王の魔術"

それらは世界を破滅に向かわせる事も可能にする程の威力を秘めている

 それらを知られた場合、ライの次に危険な人物且(か)つ稀少な者として狙われてしまうだろう

 ライならば一人でも対処出来るのだろうが、自由に魔王の力を使えないフォンセは禁断の魔術で戦うしかない