スロット ウルトラマン倶楽部

スロット ウルトラマン倶楽部

』(『俺ガイル』)の主人公・比企谷八幡は、「奉仕部」へ強制入部させられて「高嶺の花」雪ノ下雪乃と出会います

そしてある問題を解決することで「共感できる」由比ヶ浜結衣と出会うのです

あなたも好きかも:北斗の拳 ジャギ パチンコ
 男性的な人は雪乃ルートを思い描いているでしょうし、女性的な人は結衣ルートを思い描いているでしょう

 だから『俺ガイル』は、ライトノベルの読み手「男女両睨み」の作品にして、不動の人気を得ました

 まず「誰に伝えるのか」を決めること

 たとえ爆発的に人気の出る「男女両睨み」にしたいと思っていても、当初はどちらか一方を想定すべきです

なにを伝えたいのか 小説は「なにを伝えたいのか」を婉曲に比喩した文章のことです

 そうなんです

「伝えたい」ことを直接書かずに「伝える」芸術が小説になります

 たとえば「初恋の人に会いたい」ということを直接書かず、「初恋の人に会う」ことをテーマにした小説を書けばよいのです

あなたも好きかも:スロット g1優駿倶楽部2 オグリキャップ
 もし初恋の人に「会いたい」と書いてその人に会えたら、それはただの手紙でしかありません

あなたも好きかも:ギャンボラカジノ
これは小説でもなんでもないですよね

 あなたの初恋の人は「○○さん」という名前かもしれませんがそれを「△△さん」に変えます

主人公の設定もあなたとは別の性格をした別の名前の人物にして、主人公と「△△さん」が偶然出会う物語を作るのです

 そうすればそこからどんどん物語が広がっていきます

 あなたが「初恋の人のどこに惹かれたのか」は書き手自身明らかなはずです

 では「初恋の人はあなたのどこに惹かれるのか」を考えてみてください