ブラックジャック 死刑

ブラックジャック 死刑

ただ、このサインは偽物だ」「書いたのも、目の前で見ている」「左手で書いたか?あの男、確か左利きだぞ」 ペンで示される署名

 生徒会長は口元を手で押さえ、記憶を辿る仕草をする

「……右手で書いたと思う

左手で書けば、多少なりとも印象に残る」「証拠として通用しない訳じゃないが、この調子だと名前も怪しいな

偽名の可能性もある」「学内でもこの名前で通してるんだぞ」「それ自体偽名って事さ

あなたも好きかも:パチンコ ミンキーモモ
俺の父親なんてヨーロッパでは、フランス人で通した事もあるって話だからな」  彼の父は黒目で黒髪

あなたも好きかも:スロット 沖縄市
 そしてかなりの巨体

 ただヨーロッパは移民が多いため、それで通した可能性もある

 封筒へ戻される覚え書き

 生徒会長は物言いたげに、その様子をじっと見つめる

「馬鹿な男だと思ってるだろう」「それはお互い様さ

議長も言ってたが、何かが違えば今の立場も変わってた」「俺はそう思ってはいない

君は何があろうと、そちら側にいたはずだ」「光栄だね、それは

お前の責任が皆無とは言えないが、これを受け取った時点で用は済んだ

後は辞めるなり転校するなり、好きにしてくれ」 ある意味叩きのめされるより辛い選択肢

 相手の手ではなく、自らを自らが処断する

 甘くすれば非難され、さりとて厳しくすれば自分が一方的に辛いだけ

 どちらにしろ、良い事は何も無い