愛媛県 パチンコ ファン感謝デー

愛媛県 パチンコ ファン感謝デー

「終わったで

誰もおらんかったよ

ドンさんが手はず良くやってくれてたみたい」 「……タカユキ様……大きな衝撃……いれたら……導火線……火が付くようにした……」 「あとはたっくんが、横っ腹に穴をあけるだけやで」 「よし

行ってくる」 「がんばよ」 「……頼むぞ……期待している……」 俺は物陰を上手く使いながら、ナオ・ハクトウの蒸気船が接岸されている近くの岸壁まで駆け寄っていく

あなたも好きかも:リゼロ スロット 2円
そして海に浮かぶ聳える城のようなその船の前で大きく息を吸い込んで、背筋を伸ばして、鞘ソードを両手持ちする

あなたも好きかも:織田信奈 パチンコ 期待値
周囲に邪魔する気配はない

好きなだけ集中することができる

俺は中二の頃、野球部の公式戦で当たった強豪校の三年エースピッチャから会心のライト前ヒットを打った時のこと思い出す

たまたま超集中状態、最近だとゾーン状態とか言うのかな

あなたも好きかも:パチンコ 廃止 すべき
になった俺は弱小校の二番バッターだった俺を舐め腐って、 放ってきた高めのスローカーブをフルスイングして長打になったのだ

必死に走って、二塁打になり、凄い気持ちよかった

もちろん試合は負けた

2-15とかである

だが良い思い出の一つだ

久々に思い出すと、力が沸いてきて集中し始められた、俺は鞘ソードを思いっきり握りしめ数メートル下がって助走をつけると、まずは渾身の衝撃波を船の横っ腹叩きこむ

船体が横に揺れ、そして凹んだ

さらに間髪入れずに縦、横と全力で横っ腹に鞘ソードを一閃して当てる

岸壁と船の間の海に落ちないように、船体を蹴り上げて その反動で岸壁まで戻る

見返してみると、凹んだだけで船の揺れも収まって、変化はないようだ