12 月 スロット 新台

12 月 スロット 新台

 反町はため息を吐くと、真顔で俯いている優樹を窺った

「……それで、……いたずらって?」 彼の問い掛けにみんなも優樹に注目するが、彼らだけじゃない、教師たちまでもが耳を傾けている

その気配を感じ取り、優樹は戸惑い口籠もった

かなり言い難そうな状況らしい

あなたも好きかも:まどかマギカ スロット 円環の理 全員
 立花は深く息を吐いて腰に手を置いた

「……いつまで経っても解決出来やしねぇぞ」「あっち行きましょ

ここじゃロクな話しが出来ないわ」 生美がツンとした顔で顎を上げ、先頭切ってそこから歩き出す

あなたも好きかも:ブラックジャック 山猫少年
みんなも「そうしよう、そうしよう」とテントから出るが、そんな彼らに「遠くに行くな!」と教師が注意する

あなたも好きかも:ラッキーチェリー スロット
みんなは少しふて腐れながらも、とにかく、そこから少しでも離れればいい、と、教師たちの目の届く範囲、校舎の壁際に寄って、そこで固まり腰を下ろした

「いたいた!! 大丈夫だった!?」 遠くから美代子が走って来て彼らの傍で足を止め、息を切らしながら心配と戸惑いを含めてみんなを見回した

「誰か刺されたんじゃなかった!?」「とりあえず怪我はないよ」 反町が答えると、美代子はホッと安堵のため息を吐いて肩の力を抜く

「びっくりしたーっ! なにあれ!? 何かの事件!?」 突然記者魂が目覚めてそう大きく問う彼女の声に、また周囲のみんなの意識がこちらに集中しだし、「……黙ってろ」と立花が目を据わらせて注意した

美代子は「あっ、……ごめんごめん」とすぐに謝って彼らの輪に入るなり腰を下ろす

話を聞く気満々のようだ

 洋一はため息を吐いて、じっと俯いている優樹に怪訝な目を向けた

「さっき流が言ってたいたずらって? なんだよ?」 優樹は「……あ、うん……」と顔を上げて、少し戸惑い目を泳がせながらもそっと切り出した

「その……、また……ちょっとややこしいんだけど……」 「ややこしいのはやめろー」と、白川が情けない声を出すが、隣の大介に「黙れ」と睨まれ首を縮める

――その時、「パンッ!」と遠くから発砲音が響き、みんなはビクッと肩を震わせて振り返った

どうやらリレーが始まったようだ