まどか スロット 設定

まどか スロット 設定

「しかしながら、今一度、ポートマットの安全を確認したい

どうか、協力を願う」 頭を下げているつもりだろうけど、貴族の物言いというのはこういう時は不利だ

あなたも好きかも:サミー スロット 4 号機
ポートマットの保安を盾に出しても、帰属意識の不足している冒険者の心情には訴えかけるものはないだろう

彼らはビジネスライクに報酬の確約が欲しいだけなのだ

あなたも好きかも:飛んでピース スロット
 ただ、今し方のエレクトリックサンダーの本当の脅威を知っているならば、二つ返事で了承しただろうけど

事の重大さに気付いていないのは、この場合、吉なのか凶なのかはわからない

 セドリックとクリストファーが私を見ている

あなたも好きかも:三洋 パチンコ
無言で軽く頷く

「じゃあ提案っす

冒険者の皆さんは急な出発で準備不足でもあるっす

一度帰って依頼を精算するっす

再出発の必要があれば、支部長が判断してくれるっす」「今すぐ探索しなければ意味はないのだが……」 セドリックの提案に、アーロンが焦った調子で言う

「―――我々のパーティが残って勤めよう」 クリストファーが後押しする

面倒臭いけどしょうがない

「この三人にフレデリカさんを加えて四名なら、不足はないと思いますよ?」 極めつけは私の営業スマイル

魔物(高レベルだと気付かれてない様子だけど)を完封したから、それなりに説得力はあるはず

「団長、彼らの提案を呑んではいかがでしょう? 各々の探索範囲も広いですし、一定の距離を維持して、隣接して行動すれば、万が一の時も対処は可能かと思いますが?」 フレデリカが語尾に困らなかった

凛々しいね