お刺身食べたいなぁ パチンコ

お刺身食べたいなぁ パチンコ

……全く意味がわからないね、今度ベッドから繰り返し飛び降りたらわかったりするのかな

多分正気度は減少すると思うんだけどね

あなたも好きかも:したらば スロット
「取りに行かなくてごめ……アリス?」そこにいたのは血塗れのアリス……ではなく、血塗れと見間違うほど『赤い』料理

あなたも好きかも:パチンコ 連荘 確率
紅い、と言っても差し支えないかもしれない

「セリア……?うそ、だよね……」「どうしたんですか!?」私の緊迫した声にラスティが血相を変えてこっちへ来る

「───リ、ア……?」そこにあるのは『辛さの権化』、未来の味覚(味蕾)破壊マシンとしか思えない料理らしきサムシング

あなたも好きかも:ちょび ブログ パチンコ
何が腹立たしいって、よくある飯マズ的な汚物じゃなくて、順当に辛い……つまり、辛いのが好きな人にとっては普通に好みの食べ物っぽい見た目してるとこなのよね

じゃあ何が問題かっていえば、私が辛いもの好きじゃないっていうことで……別に辛いものを食べられないってわけじゃないのよ?天世(あまのとき)にいた時だって、カレーの辛口とかを間違えて買った時はちゃんと食べたし……それに家族で何回か少し辛めの麻婆豆腐屋さんに行ったりしたこともあるしね

でもさ、色々なことを……女子としての尊厳とか、味蕾の保護とか、その他諸々の理由で進んで食べようとはしないのよ

その麻婆豆腐の時も、6段階中2にしたしね……2回目行った時、調子乗って3にして死にかけたっていう話はさておき

で、問題は目の前にある深紅の死神だよ

その時に隣に座ってた6を頼んだ人に運ばれてきた料理と同等、あるいはそれ以上の赤さを持った料理が目の前にあるわけだ

さて、ここで私のちょっと前の発言に思いを馳せよう(現実逃避しよう)か

『アリスとセリアなら安心だね』、はい