おしりペンペンタイム スロット

おしりペンペンタイム スロット

どんなに救いようのない愚か者でも、どこかひとつくらい助けてあげるに値するものを持っているはずです

 貴重な時間を割いてこの主人公が成長するのを見守る価値があると、早めに読み手に見せてあげます

今はどうしようもない主人公でも、待っていれば隠れた深みを必ず見せると約束するのです

 助けが必要な主人公に勇気をあげる場合でも、天罰を受けて当然の主人公にガツンと食らわせるのでも、必ずその主人公がこういう魔法を必要としているということを、読み手がすぐに理解できるように書きましょう

「魔法的な力」物語に必要な要素の二つ目は、もちろん「魔法」です

 呪文をかけるとか魔法(魔法みたいなものも含む)をかけるということ

あなたも好きかも:スロット 千円
では「魔法的な力」の物語に登場するのは、どんな魔法でしょうか

 なんでもかまいませんが、第二幕でいちばん中心的なものとして扱いましょう

それがあなたの小説が読み手に約束する前提なのです

 本の裏表紙とかネットの解説に、その魔法について書いてないはずがありません

あなたも好きかも:ff14 レベリング ルーレット 経験値
だから必ず読み手の期待に応えてください

 主人公が願いを叶えるために魔法を求めるにしても、自分の意見と関係なく呪文がかけられてしまうにしても、ともかくありきたりの魔法にはしないようにしましょう