喰霊 スロット 新台

喰霊 スロット 新台

ぼくのかんがえたさいきょうの小説4 前回ご紹介した「特異な主人公」は、とても強い吸引力を持っています

あなたも好きかも:パチンコ ら ぼ ミサ
 しかしあまりにも吸引力が強すぎるため、そのまま物語を終えようとしても綺麗に終われません

「特異性」をどうにかしないと「綺麗に終わった」感がもたらされないのです

特異性の喪失 主人公に「特異性」があると、先の展開が読めないため読み手の興味を強く惹きます

 しかし「特異性」があればあるほど、物語の締め方が難しくなるのです

 どうしても「終わった感じがしない」状態になります

 前回挙げたマンガの鳥山明氏『DRAGON BALL』の主人公・孫悟空は戦闘民族サイヤ人であり、その中でも伝説の超サイヤ人になれるスーパーヒーローです

あなたも好きかも:パチンコ ハナハナ 新台
 これほどまでに「特異性」が高まってしまうと、並みの「物語の締め方」をしても読み手は「終わった感じがしない」

 実際近年アニメオリジナルで『ドラゴンボール超』が制作されています

 通常「終わった作品」の続編は創られません

綺麗に終わっている作品を蒸し返すのは「野暮」というものです

 しかし「特異性」を持ったままの主人公が生存していると「物語が終わった感じがしない」

マンガの堀井雄二氏&三条陸氏&稲田浩司氏『DRAGON QUEST ―ダイの大冒険―』ではラストで「特異な主人公」ダイが人々のために身を挺します

これでもう物語が続く余地はありません

完全決着です

 翻って『DRAGON BALL』はどんな終わり方だったでしょうか