水戸黄門3 パチンコ

水戸黄門3 パチンコ

 霧の中から、翼を持った夜魔が、そのおぞましい姿を曝《さら》け出した

 十ミトラに達する長大な翼はコウモリとよく似ているが、胴体はナマズのような肥満体で、猛禽に似た脚が一本だけ生えている

ウナギのような首を持っているが、目に当たる部分には、夜魔特有の赤い粒がいくつも光っていた

全身、射干玉《ぬばたま》の実の如く黒光りしていて、見る者に、これが本当に生き物なのかと感じさせる

 だが、少年にはそんな疑問を抱いている余裕など無かった

夜魔が口を開く

釘のような歯が、わずかな月光に反射して光った

「わあっ!」 少年の目の前で、夜魔の口が閉じられる

ガチン! と歯の打ち合う音が響いた

あなたも好きかも:パチスロ 来店 東京
 本当なら頭を噛み砕かれていただろうが、彼の乗っているシムルグがすんでのところで身を躱してくれたのだ

あなたも好きかも:高殿 パチンコ キング
 だが、夜魔の一本足までは避けられなかった

蹴り飛ばされ、シムルグが失速する

あなたも好きかも:ブラックジャック この子は私のものだ
少年は弓を放り投げて鳥の身体にしがみついた

 夜魔がシムルグの背後を取る

シムルグは、何とか態勢を立て直していたが、地面すれすれまで追い詰められていた

岩肌がすぐ目の前にまで迫る