パチンコ 新台 爆裂

パチンコ 新台 爆裂

 急を要する仕事はなく、日常的なルーティーンワークが大半

 元々局長補佐をやっていたので、内容もある程度は把握

 自分の分かる範囲で指示を出し、仕事を進めていく

あなたも好きかも:パチンコ ファフナー 新台
 二人は黙って私を見ているだけ

 小谷君は気軽に仕事を振っていたが、それは少し気が引ける

あなたも好きかも:株式会社ファクト パチンコ 評判
 何より自分一人でやった方が楽である

 彼女達を選んだのも深い理由は無く、総務課だからという曖昧な理由をみんなが挙げたから

 小谷君が遠野さんを引き受けた以上、私が二人を拒否をする権利はその時点で消えた

「お茶どうぞ」 そっと差し出されるマグカップ

 そういう仕事は止めて欲しいと思いつつ、元野さんに礼を言ってお茶を飲む

「取りあえず、今のところ問題はありません」「そのようね」 にこりと笑う元野さん

 やりにくいな、これは

あなたも好きかも:ファイナルカウンター
 元野さんは否定していたが、今回の配置換えは私達の適性判断も含まれているはず

 また上に立った時の立ち振る舞いも、当然見られている