スクロール・オブ・デッド

スクロール・オブ・デッド

『そういう事だ

今から、その道順を、国王の護衛となるお前だけに説明しておく―――』そうして、魔法の呪文を口にすることも、精霊に頼ることもなく、ダガー・サンフラワーは短い短剣を振るい、白銀の弧を描く衝撃波(ソニックブーム)がその道順を説明する為に開かれた

『本当は、この場所に"人"は、再び訪れるという機会などは、ない方がいいのだろうがな』そんな言葉と共に、雷の精霊を使った上でのこの場所の訪れ方を知らされた

あなたも好きかも:まどマギ 劇場版 スロット 万枚
そうして再び、グランドール・マクガフィンがこの場所に訪れる事を許され、メイプルの武器を回収を行う為に独りで訪れた時

その逞しい左の手首には、曇天でも黄金に輝く腕輪が光っていた

あなたも好きかも:あぶない刑事 パチンコ ラムクリ
結果的に言うなら、この白い花畑から戻って数か月で、グランドールは大きな取り返しのつかない失敗をする

そして、大切な"家族"になって欲しいと思っていた女性(ひと)は、自分の元から、親友と揃いの贈り物として金の腕輪と指輪を残し、旅立ってしまった

グランドールは詳細を話して貰えなかったけれど、金の指輪を共に贈られた親友と、話して行く内に、自分の"失敗"に気が付いた

けれど、その直後のダガー・サンフラワーとの謁見で、その失敗について、一応の報告をしたなら、直ぐに荊の鞭の回収を命じられ、知らされた方法で、赴いた

『恐らくは、メイプルに関係する"痕跡"は残ってはいないだろうが、もしも、彼女に縁づく物が残っていたなら、持って帰ってやってくれ

"形見"というつもりはないが、少しでもネェツアークの立ち直りに繋がるだろう』その旧友は、国の医療施設に"収監"されている

最愛の伴侶を殺したと口にしたことは、治療の為に気を取り戻りたその時、その場にいた各国の中枢に担う人物に聞かれてしまった

けれども、最も危険な調査にセリサンセウムの英雄達が率先して行ってくれた事も含めて、当事者のネェツアークが明らかに"普通"ではない

あなたも好きかも:パチンコ パチスロ 規制緩和
加えて、引き上げの呼び出しに向かわせたヘンルーダの英雄が、右眼を失明するという状況で戻ってくる

最終的には、肝心のメイプル・イベリスの遺骸が持ち帰れないという、セリサンセウムの国王の宣言と共に帰還してきた

ネェツアークの発言に関しては、真偽を確かめるどうこうよりも、それまでの彼を知っている人々は何ともいえない感情を一様に抱いた様子で、有耶無耶になり、自然に秘匿(ひとく)の扱いとなる

非情とも思われるかもしれないが、この世界にある国と名の付く場所に住む人々は、皆、それまでの侵略戦や大きな天災によって疲れていた