バカラ 焼酎

バカラ 焼酎

 一緒に乗っていたエリスさんも、無言で戦車の上から飛び降りる

「…………彼女まで、ゾンビにならなくてよかった」「そうね…………」 他の騎士たちの死体は次々にゾンビに変貌していたんだが、母さんの死体だけはゾンビにならなかった

もし彼女がゾンビになって襲いかかってきたら、親父は彼女を撃つ事ができたのだろうか? そんな事にならなくてよかったと安心した瞬間、母親が殺された悲しみと憤怒が再び俺の心を蹂躙し始めた

憤怒のせいで勝手に血液の比率が代わり、服の中で俺の身体が勝手に硬化を始める

それを何とか抑え込みながら、悲しみと憤怒も抑え込む

 これを叩き付ける相手は、ジョシュアの野郎だ

「おい、旦那! なんでその女まで連れて来てんだよ!?」 すると、母さんの死体を撫でている親父に向かって、戦車から下りて来たギュンターさんが親父に怒声を叩き付けた

あなたも好きかも:錦糸 町 バカラ
確かにエリスさんは俺たちと戦ったが、彼女は母さんを助けようとしたんだ

あなたも好きかも:メモリ スロット 違い
悪い人ではない

 彼の顔を見てから俯いたエリスさんの肩を優しく叩いた親父は、彼女の前に立ってギュンターさんに言った

「彼女は悪い奴じゃない

確かにエリスはジョシュアの計画に手を貸したが…………彼女はエミリアを見捨てなかったんだ」「信じられるか! そいつが旦那の邪魔をしたせいで……姉御が死んだんだろうがッ!」「やめなさい、ギュンター…………!」 確かに、彼女がジョシュアの計画に手を貸さなければ母さんは死ななかった