ff14 ルーレット 禁書

ff14 ルーレット 禁書

 バイクから降り、左手の拳を握り締めてから融解して動かなくなってしまった門に向かって叩きつける

まるでハンマーで殴りつけられた氷の壁のように亀裂が入ったかと思うと、堅牢な外殻で覆われた腕で殴られた門は破片を巻き散らしながら、ゆっくりと後ろへ倒れていった

 その向こうに鎮座する倒壊しかけの屋敷と、すっかり爆風で吹っ飛ばされた戦車の格納庫の姿があらわになった

あなたも好きかも:旋律のストラタス スロット 終了画面
ミラが俺に作ってくれとお願いしてきた戦車のガレージは核爆発の衝撃波で吹き飛ばされ、中に格納されていた戦車たちは大破してしまっている

「うぅ…………」「何だ?」 人間の呻き声だ

生存者だろうか? ぞっとしながら、俺は裏庭へと足を踏み入れた

聞き覚えのない呻き声だったから、おそらく屋敷を訪問していた李風の部下なのかもしれない

 その呻き声を発したのは、倒壊した物置の近くに立っていた迷彩服に身を包んでいる男性だった

おそらく18歳くらいだろう

あなたも好きかも:ゲーム機 レンタル wiiu
真っ黒に焦げてしまった迷彩服に身を包んでうつ伏せに倒れている男性の傍らへと駆け寄った俺は、彼の肩に手を置いた

「おい、しっかりしろ! 大丈夫か!?」「その声…………同志………ハヤカワですか…………?」「安心しろ

あなたも好きかも:ブラックジャック 金金金
ヒーリング・エリクサーを持ってる」「同志…………じ、自分の足を…………見かけませんでしたか? あ、足が…………足が、千切れてしまったんです

痛いんです

同志………た、助けて下さい………」「何だって?」 まるで泣きながら喋っているような彼の声を聞いた俺は、恐る恐る彼の足へと目を向けた

でも、彼の両足に辿り着く前に、俺の視線はこの転生者の兵士の腹の辺りで立ち止まってしまうことになる

 彼の腹の辺りには、まるで剣のような大きさのガラスの破片が突き刺さっていた

明らかに貫通している

背中から突き刺さったと思われるそのガラスの破片の切っ先が、彼の胴体を貫通して地面に突き刺さっているため、この転生者は這って動くことすらできなくなってしまっている