パチンコ ガールズ&パンツァー bgm

パチンコ ガールズ&パンツァー bgm

 自分はどのような顔なのか確認しようと思っていると、狭い部屋のドアが開いた

「おう、お嬢ちゃん」 ドアの向こうから姿を現したのは、がっちりとした筋肉に覆われた巨漢だった

あなたも好きかも:ノーマルタイプ スロット 新台
肌の色は浅黒くて、黒い頭髪の左右からは同じく浅黒い長い耳が伸びているのが見える

おそらくハーフエルフの男性だろう

 黒いズボンとタンクトップに身を包んだハーフエルフの男性は、ベッドの近くまでやってくると、持っていたトレイをそっとベッドの傍らにある小さなテーブルの上に置いた

トレイの上には木製のスプーンとスープの入った皿が置かれていて、その隣にはライ麦パンもある

あなたも好きかも:東京 パチンコ 浅草
 私のために持って来てくれたのだろうかと思っていると、その男性は近くにあった椅子に腰を下ろした

「俺は”ブルーノ”

あなたも好きかも:パチンコ プラス収支
ここで漁師をやってるハーフエルフさ」「ブルー………ノ…………」「お嬢ちゃん、何があったんだ?」「え?」「昨日、網を引き揚げたら網の中にお嬢ちゃんがいたんだ」 私が網の中に…………? 目を見開きながら、ブルーノの顔を見上げる

すると、ブルーノは頭髪の中から突き出ている自分の長い耳を掻いてから、私の顔を覗き込んだ

「お嬢ちゃん、どこに住んでたんだ? もしよければ船で送るぞ?」 分からないんだ

 自分がどこに住んでいたのかが分からない

仮にベッドから出られるようになったとしても、仲間たちのいる場所や出身地が分からないのだから、家に帰る事ができない

 ブルーノを見上げたまま唇を噛み締めていると、彼は目を見開いた